介護福祉士として有料老人ホームで働いています。施設は高齢者の方々が生活しやすくて馴染み安い平屋で約30床あります。私の職場はまわりからも評判が良くて、県内でも上位に入る評価の高い施設なのが自慢です。処遇改善制度もきちんとしていますし、年に2回個別面談があって不安なことや不満などがないかをきちんと話せる機会があって、月に2回は勉強会があるのも今まで勤めていた施設にはなかったので、いろんな知識を得ることが出来るのでスキルアップになっています。例えば医療行為ではない行為で、介護士が出来ることは看護師の方がきちんと教えてくれたりするので有り難いです。以前の職場は身体拘束をしたり虐待があっても見て見ぬふりで、入居している高齢者を下手に見ている雰囲気や言葉遣いがあって、私としてはとても辛くて息苦しい環境でした。今の施設は、身体拘束はどんな理由があっても絶対しないのが施設の運営方針となっていて、ミトンやつなぎ服は絶対使用しない代わりに訪室する回数を増やすとかパジャマを長めのものにしたりする工夫、転倒予防にコルクマットを敷いたりサポーターをつけて頂いたりなど出来ることを工夫しています。そこが素晴らしいと尊敬しています。あとは、入居者様を尊重してサポートするという意識で働いているので、自分の方向性と一緒でとても働きやすいです。これからも今の職場で、介護士を続けていきたいです。